美しい収納、
ぬくもりのある快適な暮らしを考える。


弊社の歴史は、初代 吉川国太郎が昭和7年にセルロイド製品に着手したことに始まります。
その後、昭和25年頃から技術導入されだしたプラスチック製品について弊社でも興味を募らせ、昭和27年に製造に取りかかりました。 以来、およそ70数年、幾多の浮沈を経験し、業務も製品製造にとどまらず、営業販売から製品の企画開発と徐々に枠を広げ、2代目社長 吉川利通、そして3代目 吉川利幸となり、現在に到っております。
とかく生活の場で、なおざりにされがちだったプラスチック製品。
どうすれば、プラスチック製品が生活のいろんなシーンでキラキラと光った存在になるのだろうか。生活に不可欠なアイテムとして末永く愛されるものになるだろうか。など、試行錯誤を繰り返して来ました。 そして、およそ約28年前、商品構成の中でも脇役にすぎなかったカゴに注目。 生活の表舞台に登場できる器量を備えたインテリアバスケットの誕生を見たことから、弊社の商品開発にかける思いは大きく膨らんでいったのです。 その後、わずかの年月の間に、いろいろな商品の展開を試みた結果、また、時代の要求・人々の生活意識等から、多くの人々に関心を持たれ、新しい提案が待たれている<収納>について、積極的に取り組んでいきたいと考えました。 もちろん、多方面、広いジャンルにプラスチック製品をという貧欲さは失っていません。さらに、メーカーの責務として、地球環境保護についての努カも決して惜しみません。創業77年とはいえ、新たな目覚めからまだ日も浅く、これからの若い、発展途上の企業です。今後も皆様のご支援、ご鞭撻を礎にチャレンジ精神旺盛に頑張ってまいります。

<経営理念>
1.商品を通じて快適・合理的な生活を提供できる企業をめざす
2.生活者に選ばれ・愛され続ける企業をめざす
3.同時に、全従業員の物心両面の幸福を追求する

代表取締役社長
吉 川 利 幸